2005年06月

鳥潟氏叙勲

1262e711.jpg
鳥潟浩司氏「黄綬褒章受章」新聞記事
平成17年春の国家褒章受賞者が発表された。緑化関係では、鳥潟浩司(59)テック大洋工業社長、(社)日本公園施設業協会理事・東京都。涌井史郎(59)桐蔭横浜大学教授、(社)目本造園建設業協会埋事、元石勝工クステリア代表取締役、(社)道路緑化保全協会理事・東京都の2氏が国土交通関省係で黄綬褒章を受章。

奥村呂次(69)奥村造園代蓑。滋賀県が厚生労働省開係で黄綬褒章を受章した。また、春の叙勲では、朝倉邦夫(71)朝倉造園会畏・福井県福井南が旭日双光章を受章した。
なお、褒章伝達式は5月27日、国土交通省10階共用大会議窒で行われ、建設18団体主催の褒章受章祝賀会は同日午後5蒔半から経団連会館「ダイアモンドルーム」で開催。
国土交通省関係の叙勲伝達式は5月20日、赤坂プリンスホテルで行われ、祝賀会は伝達式当日ホテルオークラで開催される。

写真集「追憶」

「友の思い出一冊に」第一中6回生「写真集「追憶」作製」
六十代半ばとなった沼津市立第一中学校六回生がこのほど、共通の思い出をまとめておこうと写真集「追憶」(A4判、七十二?)を作製した。
31912178.jpg

小中学校の同期生二百九十二人の顔写真、記念写真など当時の記録を盛り込んだ。」顔写真は同市立第一国民学校入学、同市立第一小卒業、第一中卒業に分け、掲載した。さらに国民学校一年、第一小六年、第一中三年の集合写真や遠足、学芸会、海水浴、音楽会、修学旅行などのスナップで学校時代を振り返った。
小学校校区図、小中学校校歌、小学校応援歌も載せた。スタッフが約八カ月かけて作った労作で、メンバーの瀬川裕市郎さん(六五)は「自分史を考える時、思い出をよみがえらせていただければ」と話した。百部印刷した。(静新6月8日朝刊)

保存会記者会見

「スカンジナビア」保存する会
NPO設立も目指す・「海の学校」事業継続
18e8c36d.jpg

沼津市西浦木負の海上レストラン「スカンジナビア」(元豪華客船ステラ・ポラリス)の海外売却が決まり、現地保存を訴えてきた地元の「保存する会」(大田黒敦雄代表)は三十一日、市役所で会見してこれまでの保存活動への協力に感謝した。同時に児童生徒に海洋文化を伝授する「海の学校」事業は継続する考えを明らかにした。
大田黒代表は「短期間ながら盛り上がってきただけに、結果は非常に残念。署名活動をはじめ協力していただいた皆さんにお礼を申し上げたい」と述べた。一方で「シンボルとしてのスカンジナビアは無くなるが海を生かした教育企画は続けたい」と述べた。運営団体となるNPO法人も計画通り設立を目指すという。保存会は同船の営業終了を受けて保存運動を本格し、短期間で署名一万二千二百六十二人分とインターネット署名三百六十七人分を集めた。(静新6月1日朝刊)
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ