2008年11月

高尾山祭典

平成20年第162回 高尾山祭典
天皇陛下御即位20年 高尾山穂見神社竣工奉祝祭
 東熊堂熊野神社竣工奉祝祭 高尾山穂見神社例大祭
 11月29日(土)午前11:00?30日(日)午後3:00頃まで

57c0124b.jpg




 沼津穂見神社例大祭
 くま手、ダルマ福求めにぎわう
 商売繁盛の神様として知られる沼津市東熊堂の高尾山穂見神社で二十九日、例大祭が始まった。三十日まで。
 境内や神社周辺にはは、くま手やダルマなどの縁起物を販売する露店などが並び、福を求める多くの参拝客でにぎわった。
 境内の特設ステージでは地元住民のしゃぎりやみこによる豊栄の舞が披露され、祭りを盛り上げた。
 例大祭は弘化三年二八四六年)から始まり、今年で百六十二回目を迎えた。晩秋の風物詩として市民に親しまれている。
(静新平成20年11月30日(日)朝刊)

ce4f87da.jpg

正念場の沼津駅鉄道高架化

「正念場の沼津駅鉄道高架化」
新市長、迫られる決断:必要性、再度の説明を
 県と沼津市が進める沼津駅周辺の鉄道高架事業が、実質的なスタートに向け正念場を迎えている。鉄道高架に先立ち、中心街から沼津市原に移転が計画されている貨物駅の用地取得が、一部地権者の理解を得られず難航しているためだ。十一月に就任した栗原裕康市長は事業をこれまでの計画通り推進する方針で、遠くない将来、土地収用に踏み切るかどうかの厳しい決断を迫られる。
 鉄道高架事業は、沼津市の中心部を分断するJR東海道線と御殿場線を、それぞれ三・七?と一・六?にわたり高架化する計画。駅付近の貨物駅と車両基地を移転させた上で鉄道を高架し、南北交通の円滑化を図るとともに、跡地を高次都市機能の向上に活用する。
239d8baf.jpg
 駅周辺整備と交通障害の解決は、沼津市の都市としての価値向上に直結する課題で、地元商工業者などの間では早期実現を望む声が高い。しかし、原地区では「貨物駅は地域に何のメリットもない迷惑施設。中心街の利便性のために犠牲になれというのか」(反対地権者)などと不満が根強い。
 貨物駅の用地取得率は当初完了予定だった今年三月を過ぎても、68%強と伸び悩んでいる。未取得の用地は約二万九千平方?、地権者は五十七人を数える。十九日、反対地権者の会は栗原市長を訪れ、事業中止を陳情した。面談後、栗原市長が「事業は計画通り進める。理解を得られるよう誠意を尽くしたい」とした一方、地権者は「計画見直し以外に納得できる回答はない。貨物駅のためには絶対に売らない」と語気を強めた。一致点は容易に見いだせそうにない。
 高架事業の完了予定は二〇二三年。検討段階から既に二十年以上が経過し、「完成に時間がかかりすぎる」との批判もある。これ以上の遅れは当局への信頼を揺るがしかねない。既に事業に協力した市民に対しても説明のつかない事態になる。
 鉄道高架事業は正当な手続きの下に進められ、「市民合意は得られている」(栗原市長)ことは間違いない。とはいえ、今回の市長選では高架反対を掲げた候補が有効投票総数のほぼ四分の一にあたる一万九千票余りを獲得した。静岡新聞社のアンケート調査でも、約四百人の有権者のうち約三割が「高架化に反対」と回答している。
 栗原市長は、斎藤衛前市長が九月の補正予算に七千五百万円の費用を計上した土地収用調査について「現段階で行う気はない」と、あくまで話し合いを優先させる考えを示している。事業の必要性と実現性について、反対地権者だけでなく広く市民に対し、再度説明を尽くしてほしい。市民認識を高める好機ととらえていいのではないか。(東部総局・西条朋子)
(静新平成20年11月29日「解説・主張シズオカ」)

26日定例会見

県東部広域合併で沼津市長
「手法にこだわらず」
 

沼津市の栗原裕康市長は二十六日の定例会見で、県東部の広域合併について「中核市という段階を踏むことには必ずしもこだわちない」と述べ、政令市の実現に向け手段を問わず努力していく方針を示した。
 栗原市長はこれまで、「県構想の三市三町を基本にまずは中核市を目指す」としてきたが、一気に政令市を実現したいとする三島市の小池政臣市長が十四日の栗原市長の就任あいさつを受け、「一気に進めることで合意した」と発言したことを否定しなかった。
 栗原市長は「そういう方向(一気に政令市を目指す方向)で努力することもやぶさかではない」とした上で、「三島と沼津が同じ方向を向かなければ、地域の実情とかけ離れた合併になる。連絡を密にして取り組む」と語り、三島市との連携の必要性を再強調した。
(静新平成20年11月27日(木)朝刊)

上本通り電飾:20年度

上本通り電飾:20年度冬。

懐かしの名画「明治天皇と日露大戦争」

第四回昭和モダン・シネマと商店街

懐かしの映画ポスター展「渡辺邦男監督展」地元出身。
12月4日?27日ぬましんストリートギャラリー。

懐かしの名画上映会「明治天皇と日露大戦争」

渡辺邦男監督・嵐寛寿郎主演。

12月13日(土)午後1時30分開演。(入場券持参者)


入場券は応募された方から抽選で当選者に送ります。
応募用紙は、上本通り商店街各店・沼津信用金庫各店に用意されていま
e114a746.jpg
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ