2008年12月

加茂1市3町新市名「下田市」

新市名は「下田市」、賀茂1市3町 総合支所方式 本庁、現市役所に
2008/12/25 (静新webnews)
 新法期限(平成22年3月末)内の合併を進めている賀茂地区1市3町(下田市、河津、南伊豆、松崎町)の合併協議会は24日、第7回協議会を下田市民文化会館で開き、合併後の新市名称を「下田市」と決めた。事務所の位置は現在の下田市役所を本庁とし、3町の役場は行政機能を持つ総合支所にすることを決定した。
 新市名称は全国公募で集まった有効投票約3000件を小委員会で「伊豆下田市」「下田市」「南伊豆市」「伊豆南市」「伊豆海市(いずみし)」の5つの候補に絞り、合併協で審議。各委員の意見に相違があったため、4市町長が全会一致が困難な状況と判断して無記名投票を行った。
 投票では「下田市」と「南伊豆市」が上位を占めたが、決定条件の3分の2以上の得票には至らず、決選投票を経て決定した。事務所の位置は小委員会の答申通りとなった。合併協会長の石井直樹市長は「名称決定は新市誕生に向けた大きな一歩」と述べ、構成する3町の名称も新市の町名、字名として残したいとする持論を示した。
 合併協の審議前には、松崎、南伊豆の両町議会が12月定例会で電算システムの統合調査費を省いた一般会計補正予算を可決したことに関連し、4市町長が協議を継続する方針を再度強調する一幕もあった。

「明治天皇と日露大戦争」上映会沼朝記事

戦争への思いを新たに
「明治天皇と日露大戦争」に300人

0511d8ac.jpg


 上本通り商店街振興組合(長谷川徹理事長)は、「第4回昭和モダン・シネマと商店街」名画上映会を沼津信用金庫本店大ホールで開いた。故渡辺邦男監督の四十年以上に及ぶ映画人生の中で配給収入日本記録(昭和三十二年当時)を塗り替えた「明治天皇と日露大戦争」を上映したもので、高齢者を中心に老若男女約三百人が集まった。
 日本海海戦のバルチック艦隊撃滅シーンなど、当時の映画としては迫力ある映像が続き、来場者は戦争への思いや、昔懐かしい映画への感慨を新たにしているようだった。
 上映後、渡辺監督の映画資料を展示している同金庫ストリートギャラリー前では、多くの人が立ち止まって見学していた。
 中年の女性は「昔の映画にしてはすごい迫力だった。やはり戦争はいやですね」と話し、七十九歳の男性は、「初めて見たが戦争の子は想像した通り。(太平洋戦争では)陸軍の方は(ラジオの)ニュースで流れたので知っていたが、海軍の方は知らなかったので感慨深いものがあった」と話していた。
(沼朝平成20年12月23日(火)号)

メリークリスマス2

メリークリスマス

もきと氏のカードより。
4b3b1367.gif

漁場(空き店舗)のボヤ騒ぎ

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ