2012年09月

元客船「スカンジナビア」 沼津で回顧展

 

写真や船体模型思い出に触れる

元客船「スカンジナビア」 沼津で回顧展
20120930101753
 

 沼津市西浦で海上レストランとして利用され、6年前に和歌山県沖で沈没した元客船「スカンジナビア」の写真や模型などを集めた回顧展が29日、同市西浦木負の海のステージ・スカンジナビア資料館で始まった。1031日まで。

 湾内に停泊する優美な姿を思い起こさせる写頁や絵画、100分の1の船体模型などスカンジナビアゆかりの約200点を、映像とともに紹介している。

 最後の航海日誌やダンスホールの椅子、船内のガラス彫刻の複製など客船時代をしのばせる展示品に加え、約千組のカップルに選ばれた結婚式場やレストランを紹介するパンフレットも並んだ。

 前島希久也館長(73)は「伊豆半島のランドマークとして多くの人に親しまれたスカンジナビア。忘れずに思い出を語る機会になれば」と思いを込めた。

 スカンジナビアは1927年にスウェーデンで建造された。70年から西浦に係留され、ホテルや海上レストランとして人気を集めた。

 スウェーデン企業に売却が決まり、えい航中の20069月、和歌山県串本沖に沈んだ。

《静新平成24930()朝刊》

彼岸花

このスライドは30日で消滅します。

潮風に吹かれフラ披露

  潮風に吹かれフラ披露

 華やか衣装で優雅に 熱海でフェス
201209170003 

 熱海市渚町の渚親水公園で16日、「フラフェスティバルーN熱海2012(同実行委員会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が開かれ、華やかな衣装を着けたフラガールたちが潮風に吹かれて優雅なダンスを披露した。

 三島や富士地域などのフラダンス教室が中心に企画し、今年で3回目。年々参加者が増え、今回は公募に応じた首都圏や三重、栃木など県内外の1090人がエントリーした。

 3歳から80代まで年齢層も幅広く、1団体10分間で演技した。ハワイアンバンドも演奏したほか、会場にはフラダンス用品を売る出店なども並び、観光客らが足を止めていた。

《静新平成24917()朝刊》

富士に笠雲

今朝の富士に笠雲が、でも今日一日お天気快晴。
富士にこの傘雲がでると、まもなく雨になるはずが。
 IMGP6605

伊豆沖の網にジンベイサメ

伊豆沖の網にジンベイサメ

 佐藤充館長()に近寄ってくるジンベイザメ目3日午前、沼津市のあわしまマリンパーク


201209040001

 

 沼津の水族館 今月末まで公開予定

 伊豆半島の沖合で定置網にかかっていたジンベイザメを沼津市内浦重寺の水族館あわしまマリンパークが保護し、一般公開している。同水族館によると、国内でほかにジンベイザメが見られる水族館は5カ所だけ。珍しさも手伝って、海のプールでゆったりと泳ぐ姿が人気を集めている。

 成長すると体長十数㍍にもなるジンベイザメは熱帯、亜熱帯の海を中心に世界中に生息する世界最大の魚類。保護したのは若い雄で体長は約4㍍。827日に伊豆東海岸沖の定置網にかかっていたのを漁師が発見した。28日、水族館スタッフ10人以上が現地に向かい、クレーンを使って大型トラックに載せ、搬入した。

 健康状態は良好で、3日からはオキアミなどの餌も食べ始めた。来館者の反応は上々で、「できれば、ずっと飼っていたい」(佐藤充館長)が本音だが、県内では海水温が下がる冬場の飼育は困難という。

 現在、専用の水槽がある水族館などへの引き渡しを検討中で、今月いっぱいは一般公開する予定。

(静新平成2494日朝刊)

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ