問題

「あの築山」は危険がいっぱい

「あの築山」は危険がいっぱい

 河辺龍二郎

2015年10月30日11時50分20秒0001 沼津市は、千本常盤町の「あの築山」造成工事に十月初めに着工しました。私ども沼津牧水会理事会は、この時点で着工することに、全会一致で強く反対しました。松の木の存続もさることながら、計画変更の紆余曲折の中で、「あの築山」が、以下に述べるような危険なものになってしまうことを危惧したためでもあります。危険を承知の上で、あえて強行する沼津市の姿勢に、「あの築山」自身の危険以上の「危うさ」を感じるのは、私だけでしょうか。

 1、芝貼表土流出の危険…三〇度を超える急斜面が多く、表土の厚さはわずか三〇㌢。しかも地山(じやま)はセメント系の強化剤混入により不透水層になると思われるので、雨水による流出は必至である。

 2、仮設土嚢崩落の危険…今春根回しをした三本の松(「孤高の松」と「夫婦の松」)の発根状況を確認するまでの間(約三年)、その周囲に、土嚢が六㍍の高さまで、七〇度近くで積み上げられることになっている。地山は地盤強化剤により、ある程度固形化すると思われるが、ビニール製の土嚢は地山に寄りかかっているだけで、一体化はされない。ちょっとした地震でも揺すぶられれば、土嚢がばらばらに崩落する危険性がある。

 3、「孤高の松」の移植もしくは移植調査作業時、土嚢下の掘削による土嚢崩落の危険…この場合は、作業者の人身事故につながるおそれがある。

 4、地山本体の接地面での境界面すべりによる崩壊の危険…地山本体は固形化するとしても、元の細砂地盤との摩擦係数は大きなものとは思えない。地中に埋め構造物とは異なり、地表に置かれただけなので、拘束される条件はない。巨大地震の大きな水平力が加わった時、一旦動けば、摩擦係数は、さらに小さくなり、大崩壊につながりかねない。

 5、細砂地盤の液状化の危険…沼津市の現在のハザードマップでは、液状化の危険度は「ない」及び「対象外」と表示されているが、静岡県の詳細資料(*)によれば、危険度「大」と指摘されている。

 平成十三年度、沼津市発行の旧マップでも、県資料と同じく危険度「大」になっているので、現マップの意味するところは、「ない」ではなく「対象外」と推測できる。となれば、計画の前提は、当然危険度「大」であるべきであろう。この点について、計画の根幹にかかわることであり、大いに考慮されてしかるべきである。(*GIS静岡県統合墓盤地理情報システムを参照)

 6、子ども達にとって危険な遊び場所となる…子ども達は危険な場所が好きである。命にかかわるような大けがをしてからでは遅い。

 7、松が枯死する危険…「孤高の松」をはじめ多くの松が、「あの築山」によつて、根方を圧迫されることになり、徐々に活力を奪われ、枯死するおそれがある。

 多くの市民は、適切な対応が取られて、これらの危険がすべて杞憂に終わってくれることを願っていると思います。しかし、この危険の中には、何十年、何百年に一度起こるかどうかというものも含まれています。このまま進行すれば、誰もが安堵の胸を撫で下ろすことなど、できないでしょう。すぐには起こるかどうかわからない危険に対処するのが、「危機管理課」の使命であろうことを考えると、ことさら危険を生み出しているかに見える「あの築山」、の築造は、実に罪が深いと言わざるを得ません。

 (群建築研究所沼津代表・沼津牧水会理事)

【沼朝平成271030()言いたいほうだい】

基準上回る鉛検出

 基準上回る鉛検出
 東部コンベンションセンター事業用地で
 県と沼津市は18日、沼津駅北口で計画している東部コンベンションセンターの事業用地で実施した土壌調査で、環境基準を上回る鉛が検出されたと発表した。現状はアスファルトで舗装されているため、汚染拡散や周辺住民へ悪影響の恐れはないという。
 鉛が検出されたのは沼津市大手町の県有地と市有地。事業区画のうち1万6300平方?の23カ所で調査した結果、4カ所から最大で基準値の6・6倍の土壌1??当たり1干??の含有量が検出された。溶出量はいずれも基準値以下だった。
 キラメッセぬまづの底地の調査は建物の解体後に実施する。汚染が認められた土壌は分布状況や総量などを踏まえて対策工法を検討し、同センター建設工事の中で実施する。
(静新平成21年9月19日(土)朝刊)

 「政権交代を受けて・栗原市長談話」
 JR沼津駅周辺の鉄道高架など拠点都市づくりに向け事業を進める沼津市の栗原裕康市長は「20年以上前から積み上げている事業。市民の支持を受けている観点からも、国の方針で事業内容が変わることがあってはならない」とくぎを刺した。
(静新平成21年9月17日(木)朝刊)


沼津高専前校長逮捕:文科省部長時

沼津高専前校長逮捕:文科省部長時、収賄容疑
国立大施設整備で便宜:50万円受け取る

c70f4e33.jpg
 国立大発注の施設整備事業で便宜を図った見返りに、大手建設会社五洋建設の子会社「ペンタビルダーズ」(東京都新宿区)の顧問から現金約五十万円を受け取ったとして、警視庁捜査二課は四日、収賄容疑で文部科学省の前文教施設企画部長、大島寛容疑者(五九)=三島市文教町一ノ四ノ六〇=を、贈賄容疑で同社顧問の倉重裕一容疑者(五八)=さいたま市浦和区常盤六ノ一三ノ二○=をそれぞれ逮捕した。大島容疑者は〇七年四月から沼津工業高等専門学校の校長を務め、〇八年四月四日付で国立高等専門学校機構本部付になった。
 捜査二課は同日午後、文部科学省や五洋建設などを家宅捜索、文教施設事業をめぐる文科省と業者の癒着の構図解明を進める。大島容疑者はキャリア技官で、文教施設整備を担当。国立大などの文教施設整備計画の企画立案や補助金の交付などを統括していた。
 倉重容疑者は、五洋建設社員から二〇〇六年三月にペンタ社顧問に就任。それ以前はペンタ社に文教施設関連の受注実績はなかったが、倉重容疑者の就任以降、校舎改修工事など約二億円分を受注している。
 調べでは、大島容疑者は同部長だった〇六年四月上旬、国立大などが発注する施設整備事業で、工事計画や補助金に関する情報提供をするなど便宜を図った見返りに、倉重容疑者から現金約五十万円を受け取った疑い。いずれも容疑を認めているという。
 大島容疑者は東北大工学部卒。〇七年三月までの二年間、文教施設企画部長を務めて文科省を退官。その後、沼津工業高専(沼津市)の校長を務めていた。二人は十年以上前からの付き合いという。
 
綱紀粛正を指示した
 渡海紀三朗文部科学相の話 大変残念な出来事で、遺憾に思っている。事務次官に対して綱紀粛正を指示した。今後、こういうことが起きないよう、襟を正して、しっかりと対応しなければならない。
(静新平成20年4月5日(土)一面)

沼津高専前校長技能五輪にも参画
学生ら「恥ずかしい」
 「まさに青天のへきれき」ー。国立大発注の施設整備事業で便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして四日逮捕された大島寛容疑者が校長を務めていた沼津市大岡の沼津工業高専は、逮捕の一報に揺れた。学生には「優秀な技術者になり世の期待に応えてほしい」と言い聞かせていたという大島容疑者。収賄容疑に、学生や保護者からは「学校のイメージダウン。恥ずかしい」との声が漏れた。
e7155853.jpg
 国立高等専門学校機構は同日付で大島容疑者を同機構本部付とし、柳下福蔵副校長を校長事務代理とした。
 同校では午後五時すぎ、柳下校長事務代理が全職員を招集。事実関係を説明し、「動揺せず、支障なく研究、教育活動を進めてほしい」と呼び掛けた。同時に八日に入学式を迎える新入生の保護者あてに「教育活動に影響を及ぼさないよう職員を挙げて努力する」とした文書を郵送した。
 同校によると、大島容疑者は昨年四月に校長に就任。門池地区で昨年十一月に開かれた技能五輪国際大会に積極的に参画を進めた。前日まで勤務していたが、ここ一週間は遅刻や早退が多く、四日朝には「体調が悪く休ませてもらう」と連絡があったという。
 会見で学校側は「校長に備品購入などの権限はなく、五洋建設と本校とのかかわりもない」と、事件と同校との関係を否定した。
 部活帰りの四年生の男子学生(一八)は「多忙そうで接点はなかったが、見た限りではまじめそうだったのに」とショックを隠さない。別の四年生男子も「食堂などで何度かあいさつしたが、あいさつを返してくれた。逮捕されたと聞きびっくりした」と顔をこわばらせた。
 一方、五年生の女子学生(一九)は「高専に悪い印象を持たれるのは嫌だ」と学校のイメージダウンを懸念。在学生の父親(五五)は「沼津高専は全国の高専の中でもトップランナー。優秀な技術者の卵を数多く出し、地元の期待が大きいだけに非常に残念」と厳しい表情を見せた。
 
校長室など家宅捜索
 沼津市大岡の沼津工業高専には四日午後一時五十分ごろ、スーッ姿の警視庁の捜査員四人が捜査令状を手に入り、約四時間にわたり校長室と事務室を家宅捜索した。
 捜査員は書類やパスポート、名刺ホルダーなど段ボール三箱分を押収したという。午後六時すぎ、同校を足早に後にした。
春休みで校内には学生の姿は目立たなかったが、部活動帰りの学生たちが詰め掛けた報道陣にけげんな表情を浮かべた。
 
らつ腕の工ース技官
 「研究者を支えるのがわれわれの使命」。四日収賄容疑で逮捕された文部科学省の前文教施設企画部長大島寛容疑者(五九)の口癖を知る幹部は「公私の区別に最も厳しかった人だった。信じられない」と話す。
 栃木県出身で東北大工学部を卒業、一九七二年に当時の文部省に技官として入省した大島容疑者は「若いころからトップに立つだろうと言われたエース」(元同僚)。周囲の期待通り経歴を重ね、二〇〇五年から二年間、学校など全国の文教施設の整備を統括する文教施設企画部の部長を務めた。
 「研究設備を充実させなければ、日本の科学技術は世界に後れを取る」「教育環境を良くしないと子どもが駄目になる」といつも語っていた大島容疑者。〇一年から始まった「国立大学等施設緊急整備五力年計画」の策定では中心的な役割を果たした。
 大規模な公共工事などはなく"利権がない"と言われる文科省の中で、文教施設企画部は異色の部署。五力年計画では総額一兆数千億円の国費を投入するため「部長室には各地の学校や教育委員会の関係者だけでなく、民間企業の人も頻繁に出入りしていた」と元部下は振り返る。
 「政治家への根回しや財務省との予算折衝でも、言うべきことはきちんと言える人物で、ただの技術屋ではなかった」(現役幹部)。部下からも酒の席に誘われるなど慕われる上司で、沼津高専の校長に就任後も上京するたびにかつての職場に顔を出し、職員に気さくに話し掛けていたという。
(静新平成20年4月5日(土)朝刊)

中国製毒餃子・御殿場

中国製ギョーザ 御殿場の母子が異常訴える
2008/01/31 (静新webnews)
 中国製冷凍ギョーザから殺虫剤成分が検出された問題で、県食品衛生室は31日、御殿場保健所に同日午前、御殿場市内の1家族から「今月23日に、中国製の手包みひとくちギョーザを食べた家族2人が吐き気と目まい、腹痛を感じた」との届け出があったと発表した。同保健所は問題となっている殺虫剤成分による症状かどうか詳細を調べている。富士、西部両保健所にも関連する届け出があり、両保健所が調査に入った。
 県や御殿場保健所などによると、届け出があった御殿場市内の家族2人のうち1人は医療機関の診察を受けたという。2人は女性の親子で、40代と10代という。母親がギョーザを食べた翌日に病院で受診した。症状はいずれも軽かったという。県は家族から聞き取り調査などを行い、購入先や商品の確定を急いでいる。
 これ以外に、同日午前11時現在で、医療機関から9保健所への中国製冷凍ギョーザに関する食中毒の報告はなかった。 
 県は問題となっている中国製冷凍ギョーザの輸入元の「ジェイティフーズ」(東京)から提出された卸先などの資料に基づき、保健所を通じて流通経路などの調査を進めるとともに、「『CO・OP手作り餃子40個560グラム』、『中華deごちそうひとくち餃子』は決して食べないようにしてほしい」と呼び掛けている。
 県食品衛生室のこれまでの調べだと、今回問題になっている中国製冷凍ギョーザの商品を納入した卸売業者は浜松市3、静岡市、焼津市、磐田市、長泉町の各1事業者。

17都道府県38人が不調訴え 中国製ギョーザ中毒
2008/01/31
 中国製ギョーザによる中毒で厚生労働省は31日、全都道府県に同様の事例の報告を指示するとともに、製造元の中国・河北省の「天洋食品」からギョーザ以外の食品を輸入していた計19社の社名と品名を公表、自治体を通じて各社に販売中止を要請した。
 同日午前までに、新たに北海道、青森県、福島県、埼玉県、東京、神奈川県、静岡県、石川県、愛知県、兵庫県、高知県、大阪府、福岡県、長崎県、沖縄県の31人が「中国製ギョーザなどを食べて体調が悪くなった」と届けた。各自治体の発表などを共同通信が集計した。これまでの届け出と合わせると不調の訴えは17都道府県38人となり、各自治体が詳しく調べている。一方、中国の国家品質監督検査検疫総局は30日夜、天洋食品に調査員を派遣、調査を開始した。
 厚労省が社名を公表した19社には含まれていないが、マルハと日本ハム、日本食研も同日、天洋食品の工場から原料を調達していたとして、商品を自主回収すると発表した。舛添要一厚労相は「冷蔵庫を見て、(回収対象の商品は)絶対に口にしないでほしい」と国民に呼び掛けている。


冷凍ギョーザ
b038e502.jpg
千葉県などで中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を起こした問題で、厚生労働省は三十日、製造した中国河北省の「天洋食品」から、ジェイティフーズ(東京都品川区)を含む三社が過去一年間に冷凍ギョーザを約千三百?輸入していたことを明らかにした。
厚労省は同日、安全が確認されるまでの間、問題の冷凍ギョーザと同一製品の輸入を認めないよう全国の検疫所に指示した。また、都道府県を通じて、輸入実績がある国内の業者に同一製品の販売を中止するよう求めた。
同省によると、今月二十八日までの過去一年間、ジェイティフーズが約千二百三十?の冷凍ギョーザを天洋食品から輸入。「日協食品」(東京都中央区)も約四十三?、「ワントレーディング」(大阪市中央区)も約三十三?輸入していた。
その他の製品を含めると、過去一年間の天洋食品からの輸入は計約三千五百三十五?。肉まんや豚カツ、牛肉、豚肉などの冷凍食品のほか、ソーセージやビーフジャーキーなども輸入されていた。これらを輸入した業者は確認中という。
二〇〇四年七月に輸入されたくしカツには大腸菌が含まれていた食品衛生法違反事例があったことも分かった。
(静新平成20年1月31日夕刊)

台風9号の置きみやげ

今回も台風の置き土産・狩野川沿いや海岸にごみの山(沼朝平成19年9月11日号)
台風9号が去った八日朝、狩野川や我入道などの海岸には今回も、台風が襲来するたびに見られる、うれしくない「置き土産」がもたらされた。
その後始末のため、狩野川では御成橋上流から永代橋間両岸の清掃作業が、業者やボランティア団体によって行われた。
7e1771a2.jpg

右岸の魚町の川に面した複数の住宅では、建物内の駐車場に溜まった泥や枯れ枝などをポンプ車で放水して片付ける姿が見られた。
また、市から委託された業者が、道路と川を隔てる柵に引っ掛かった枯れ枝を外し、道路に堆積した泥をパワーショベルで除去。作業員は「水位が高かったためか、今回はゴミの掛かり具合がいつもと違う」と話した。
海岸も軒並み、ごみの山。我入道海岸では地元の有志が熊手などを使い、漂着した流木や枯れた枝、アシなどを集めた山が河口から牛臥山にかけていくつも築かれた=写真・上。
0c6f00ad.jpg

作業していた男性は「いつもと異なり風の向きが違ったのか、ペットボトルなどのビニール系のゴミや空き缶類は少ない」と話した。
235c8438.jpg
来年四月の供用が予定されている仮称「我入道公園」の大山巌邸跡地前の小浜にも大量の流木、枯れ枝、枯れアシが流れ着いたが、片付ける人の姿は見られなかった。
供用開始後も出水のたびに同様の事態が考えられるため、管理が課題となりそうだ。
また、牛臥から御用邸にかけての海岸には四隻のプレジャーボートが打ち上げられ、一隻は大きく傾き、三隻は何もなかったように砂浜に鎮座=写真・中。千本浜海岸にも多くのごみが漂着した"写真・下。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ