災害

沼津で冠水事故防止対策会議(あとの祭り会議?)

危機管理体制を再構築

沼津で冠水事故防止対策会議

 県、市、警察連携強化へ
2015年09月26日05時42分55秒0001 

 沼津署は25日、今月上旬の豪雨で沼津市内の道路が冠水し、乗用車数台が水没する被害が発生したことなどを受け、市や県の担当者を招き、「冠水事故防止対策会議」を同署で開いた。

 災害に迅速で的確な対応ができるよう関係機関の連携強化を目的にした会議で、県沼津土木事務所、市、市消防本部の担当職員と同署貝ら計約20人が参加した。92日の豪雨で、どのような現場対応に当たったかを報告し合った後、「現場に先着した人から、現場の状況や救助の経過などの情報がほしい」「横の連携を強化し、情報を共有することが必須」などと活発に意見を交わした。

 森田幸光署長は「自然災害は市民生活に影響する。危機管理体制を再構築し、連携を強化することが必要」と呼び掛けた。

【静新平成27926()朝刊】

2015年09月03日05時11分41秒0005
 
続きを読む

台風18号で商店街アーケード天井が落下

1月20日の昼火事を翌朝拝見

1月20日の昼火事の現場を翌朝拝見。

CIMG0002

推定津波浸水域図

静岡県第3次被害想定

110527-01gat
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ